沖縄で食べたいチャンプルー

沖縄グルメの定番といえばゴーヤチャンプルー!

チャンプルーといえば、沖縄を代表する定番グルメとして有名ですよね。チャンプルーとは、肉や野菜さらに豆腐などを炒めた沖縄料理のこと。特にゴーヤを使用したチャンプルーは、全国でもよく知られた一品です。苦味の効いたゴーヤをメインにして、玉ねぎやキャベツの他、モヤシやニンジンなどの野菜を使用。また肉類には豚肉やコンビーフの他にも、ツナやポークランチョンミートなども食材として可能です。さらにそこへ沖縄特産の島豆腐を加えるのが、チャンプルーの特徴。もちろん島豆腐の代わりに、よく見かける木綿豆腐でも構いません。これらの食材を全てフライパンで混ぜながら炒めて、最後は塩や醤油、さらに胡椒や調味料を加えれば完成です。好みによって、砂糖ピーナツバターや溶き卵を投入することもあります。

まだまだある魅力的なチャンプルー料理!

そもそもチャンプルーとは、沖縄言葉で「混ぜこぜにしたもの」という意味。つまりゴーヤチャンプルーだけでなく、様々な食材を使用して炒めたチャンプルー料理が、沖縄にはまだまだ沢山あります。例えば、チキナーチャンプルーもその1つ。チキナーとは塩漬けのシマナー(島菜)のことで、これをメインにして混ぜ込んだチャンプルー料理です。この他にも、ナーベーラーと呼ばれるヘチマを使用したものや、完熟前のパパイヤを使用したチャンプルー料理まであります。少し珍しいものとしては、ソーミン(素麺)やフー(お麩)を食材にしたチャンプルーが挙げられます。特にソーミンチャンプルーであれば、冷やし中華風にして食べられるので、夏場の暑い季節にはピッタリ。この時期に沖縄へ旅行するのであれば、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

沖縄ツアーには格安パック(航空券+ホテル+レンタカー)にさまざまな体験プラン、離島めぐりなどおすすめメニューが満載です。めんそーれ沖縄。