沖縄で食べたい魚介料理

沖縄でとれるミーバイの料理

周囲を海に囲まれている沖縄は、海の幸にも恵まれています。沖縄でしか食べられないようなご飯に合う魚介料理も多く、沖縄に旅行で訪れる人の楽しみにもなっています。沖縄の魚介料理として観光客に人気があるのが現地でとれる魚を使った料理です。南国の海が広がる沖縄の周辺は、本州の沿岸とは異なった種類の魚が取れることも特徴です。その中でも特に有名な魚としてはミーバイがあります。これはハタの仲間で淡白な味わいに特徴があります。ミーバイを使った料理には各種の調味料で炒めたソテーがあり、ミーバイのあっさりとした味とバターなどの風味がマッチしているので、食べあきないおいしさとなっています。ご飯のおかずとしてもぴったりです。

唐揚げや味噌で煮込む沖縄料理

沖縄でとれる魚として地元でも広く食べられているのがグルクンです。これはタカサゴの一種で、沖縄でとれる他の魚と同様にあっさりとした味わいがあります。グルクンを使った料理として人気があるのが、油でからっと揚げた唐揚げです。油で揚げることで頭から尻尾までまるごと食べることができます。しょうゆなどをつけて食べれば、ご飯のおかずとしても合います。レモンをふりかけて食べるのも人気があります。魚介類を使った沖縄料理としては各種の汁物も人気があります。特に味噌で味付けした汁の中に、新鮮な魚介を入れて煮込んだ料理が沖縄の魚介料理の中でも定番です。味噌の味とたっぷり入った沖縄の魚介は、白いご飯とも相性が良いです。

西表島のツアーでは期間限定のものが多くあります。例えばホタルの観察や、夏の早朝だけに咲く花を観賞するツアーなどです。