ひんやり系沖縄スイーツ

観光疲れを癒してくれるフルーティーなスムージー

夏でも冬でも日差しが眩しい沖縄。そんな沖縄で食べるひんやり系スイーツは格別な味わいがあります。特に、歩きまわって観光しているとすぐに喉が乾いてしまいますよね。そういう時には喉の渇きも潤せて、甘みもたっぷりと味わうことが出来るスムージーを飲みましょう。スムージは各地で味わえるスイーツですが、沖縄で作られるスムージーには南国育ちの果物や、沖縄で育てられた栄養たっぷりの野菜が使われていてとてもジューシーな味わいがあります。また、沖縄のスムージーは色合いが美しかったり、派手なトッピングがされているものも多いので、写真映えもバッチリですよ。冷たくて美味しいスムージーを味わって、沖縄旅行をもっと楽しいものにしましょう!

和スイーツ好きならぜひ食べて!沖縄ならではの冷たいぜんざい

ぜんざいと聞いたら、煮た小豆の中にお餅や白玉が入っている「お汁粉」のようなものを想像しますよね。他の地域だったら夏にはほとんど食べることがないぜんざいですが、沖縄では暑い日にぴったりな冷たいスイーツにアレンジされているのです。沖縄のぜんざいは、甘く煮た金時豆に白玉をトッピングして、その上に冷たいかき氷を乗せることで完成します。言ってみればほとんどかき氷に近いスイーツなのですが、金時豆の歯ごたえと氷のシャキシャキした食感が独特な味わいを出しています。そんな沖縄のぜんざいですが、近頃は金時豆や白玉だけでなく、マンゴーなどの沖縄の名物フルーツをトッピングした商品も増えているようです。沖縄ならではの冷たいぜんざいを食べて、沖縄の暑さを乗り越えましょう。

非日常的な時間を過ごしたいのであれば、与論島の旅行が良いでしょう。たくさんの自然を満喫できて最高の時間を過ごせます。